/ / Vulgar Display of Beauty / /
/ / Magical Electric Doll / /
/ / THE LADY SPADE aka その名はスペィド Official Tumblr

OfficialSite / FaceBook / Twitter
ミッド杉並で寝てるイマイ王子を電話で起こして待つ。
のどか
話題になってるときは見向きもしなかったが、昨日TVで外国のソフトプレッツェルを見て食べたくなった。でかくてフカフカしてる。オプションのチョコディップでイタダキマス。
石神井公園で昼飯。おやつにアンティアンズのプレッツェルを買ってみた。
audidas:

Urbanology: Diagonal

誰からも批判されない場所で、誰にでも言える内容を、難しい言葉で、自分だけが気付いたような顔をして、話している奴はダメだということです。
内容がどんなに正しくても、それは聞くに値しない、ダメだよ、と吉本さんはおっしゃいました。
聞くに値する言葉は、必ず批判に晒される可能性のある場所で、その人にしか言えない内容を、誰にでもわかる言葉で、誰もが気付いていることを話しているように、発せられているということです。
そんな風に発せられた言葉が必ず正しいという意味じゃない。
くだらないことを言う奴だとか、俺はそう思わねえとか、反論したくなる間違った内容もあるかもしれないけど、少なくとも反論から得るものがある程度には、聞くに値する筈だというのです。

「伝わると伝わらないの境界はなんだ?」

このところ思っているのは、
「自分に無いものは伝わらない」
ということだ。

なんというか、
伝わらない表現になっている人は、
「いま、ここにある自分」には無い、
どっかよそにある、美しい、正しいことを、
言おうとしている、
そんな感じがする。

ほぼ日刊イトイ新聞 - おとなの小論文教室。 (via footwork) (via usaginobike) (via nemoi) (via jacony) (via cottonsugar) (via nemoi) (via wagamamaya) (via gosuke) (via hiasa) (via ipodstyle) (via yaruo) (via ukar) (via motomocomo) (via hustler4life) (via gkojaz) (via ssbt) (via carandache) (via dannnao) (via asyoulike) (via coolsurf) (via kazcorp) (via okadadada) (via machikoma) (via azazel-kode) (via marekoromo) (via yellowblog) (via usaginobike) (via tbh-tmge) (via edmk) (via kippi0404) (via k-eng) (via yuasa) (via gkojay) (via handa) (via appbank) (via ngm) (via usaginobike) (via atm09td) (via usaginobike) (via m0c0m) (via layer13) (via plasticdreams) (via onewaysystem)

「猫に関する76個の真実」



1. 米国で一番人気のあるペットは猫である。その数、なんと8800万匹。ちなみに犬は7400万匹飼われている。

2. 320mの高さからコンクリートに落ちても無事だった猫が存在する。

3. 猫の集まりは英語で「clowder(クラウダー)」という。

4. 猫には耳を動かすための筋肉が20個以上存在する。

5. 猫は一生の70%を寝てすごしている。

6. 米国アラスカ州のタルキートナでは15年以上「名誉市長」を務めている猫がいる。

7. 2013年にメキシコの市長選に立候補した猫もいる。

8. 虎やトラネコの舌には、肉をひきちぎるためのトゲが真ん中に生えている。

9. 猫が「しかめっ面」をしている時は空気の味を確かめている時である。猫には呼吸をするだけで、空気の味を確かめられる器官が備わっている。

10. 猫には甘さを感じる味覚がない。

11. 猫を飼っているだけで心臓発作や脳卒中のリスクが三分の一も減る。

12. 世界一長い猫は全長48.5cm。

13. 猫は紀元前3600年頃から家庭で飼われていた形跡がある。エジプトにファラオが存在した2000年も前の話である。

14. 猫がゴロゴロのどを鳴らすのは満足感を表す場合だけでなく、緊張状態を表すものと、自己再生機能のためという場合がある。

15. 飼い猫がのどを鳴らす周波数は、筋肉や骨が自己再生する周波数と同じである。

16. 大人の猫が「ミャー」と鳴くのは人とコミュニケーションをとるときだけである。

17. 世界一金持ちの猫は1300万ドル(約13億円)の資産を持っている。これは飼い主が亡くなった際に遺産を相続させたからである。

18. 飼い猫は飼い主の声を識別できるが、知らないふりをしているだけである。

19. 猫は乳糖不耐性であることが多いので、ミルクを与えてはいけない。

20. 猫は生魚を好まない。

21. YouTubeにあがっている一番古い猫の動画は1894年に撮影されたもの。

22. 1960年頃、CIAは猫の耳にマイクを仕込み、脳に送信機を埋めこんでスパイとして活用する計画があった。

23. 毛玉は専門用語では「bezoar(ベゾアール)」という。

24. メス猫は基本的に右利きで、オス猫は基本的に左利きである。

25. 猫は100種類の音を鳴らすことができる。犬はせいぜい10種類といわれている。

26. 猫の脳は90%人と似ている。犬よりも人間に近いようだ。

27. 猫と人の脳には、ほぼ同じ「感情をコントロールする領域」が存在する。

28. 猫の大脳皮質には3億のニューロンが存在するが、犬には1.6億しか存在しないようだ。

29. 猫は犬より長期記憶にすぐれている。

30. 猫は犬より社会性は低いが、犬よりも難しい認知テストに答えることができる(気分がのっていれば)。

31. 猫はiPadの1000倍メモリー容量がある。

32. 古代エジプトでは猫を殺すことは違法だった。これはネズミの駆除に大きく役立っていたからである。

33. 15世紀では、インノケンティウス8世が猫を悪魔の化身だと発表し、虐殺を命じた。

34. 猫は基本的に前足は5本指で、後ろ足は4本指である。指が多い多指猫も存在する。

35. 多指猫は作家ヘミングウェイに愛されていたため、英語では「ヘミングウェイ猫」と呼ばれる場合もある。

36. ヘミングウェイが晩年をすごしたフロリダ州キーウェストにある家には、45匹の多指猫が住んでいる。

37. 猫砂はもともと砂だったが、1948年頃に粒状の粘土が使用されるようになった。

38. リンカーンはホワイトハウスで4匹の猫を飼っていた。

39. リンカーンの妻は、夫の趣味を人に聞かれた場合、「猫」と答えるくらい猫を愛していたようだ。

40. ペットが扉から出入りできる「キャットドア」はニュートンが発明したものである。

41. 猫はノアの箱船でライオンがくしゃみをして誕生したという言い伝えもある。

42. 猫は自分の背丈の6倍の高さをジャンプすることができる。

43. 飼い猫でもウサイン・ボルトより速く走ることができる。

44. 猫が自分の糞を隠さなかった場合、それは「オマエのことなど恐れていないぞ……」という強気の姿勢を示しているからである。

45. 猫は人を使うために鳴き方を変えられる。お腹が減った時には人間の赤ちゃんの真似をして鳴くことがある。

46. 猫はヒゲを使って隙間を通れるかを測ることができる。

47. 猫は肉球からしか汗をかかない。

48. 宇宙に初めて行った猫は「フェリシティ」というフランスの猫である。

49. 猫には浮動性の鎖骨があり、そのため狭い隙間も通ることが可能である。

50. 猫の感覚で一番鋭いのは聴覚である。なんと約64kHzという高さの音まで聞くことができる。ちなみに人間は20kHzと言われている。

51. 猫は耳を180度動かすことができる。

52. 猫は耳を左右別々に動かすことができる。

53. 猫が飼い主の乳がんを見つけたことがある。

54. 猫の鼻には人の指紋と同じように独自の模様がある。

55. 猫の臭腺は尻尾、おでこ、唇、顎、そして前足に存在する。

56. 猫が人にすりつくのはマーキングのためである。

57. 猫は人や他の匂いを消すために自分を舐めている。

58. 古代エジプトでは飼い猫が亡くなった場合、自分の眉毛を剃って喪に服す習慣があった。

59. 猫をミイラ化して自分の墓に入れるという文化もあった。

60. 猫は古代エジプトでは神格化されていた。

61. 黒猫はアメリカでは悪運の象徴だが、イギリスやオーストラリアでは幸運の象徴である。

62. 猫が水を好まない多くの理由は、毛皮があまり水をはじかないからである。

63. 「ターキッシュ・バン」という種類の猫は例外で、水遊びが大好きである。

64. 「エジプシャン・マウ」が最古の猫の品種である。

65. 同種が、一番最初に「血統」が認められた。

66. エジプト語で猫は「マウ」である。

67. 猫を飼っている男性はモテる傾向にある。「より繊細なイメージがあるから」と言われている。

68. 猫を飼っている人の方が大学を卒業している可能性が17%高い。

69. 猫が鳥やネズミの死体を家に持って帰ってきた場合、それは「あなたが狩りが下手だ」ということを示すための行動である場合がある。

70. 猫は明るいところでの視力はあまりよくないが、暗闇では人間が必要とする明かりの7分の1の明るさで見ることができる。

71. 世界一たくさん産まれた子猫の数は一度に19匹である。

72. 米国の88%の猫は避妊手術が行われている。

73. 施設に保護される24%の猫しか新しい飼い主はみつからない。

74. 猫はカッコイイ。

75. そしてやわらかくて気持ちいい。

76. もし猫を飼いたくなったらペットショップじゃなく、施設から引き取るという選択肢を忘れてはいけない!

visual-poetry:

»merror« by anatol knotek
theladyspade:

SWEET STREETS

美少女になりたい、と世界で最も強く思ってるのはたぶん中年のおっさんだと思う。

shinjurou:

「Magical Girls」 | eimi [pixiv]